June 18, 2017

ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法

今、癌治療で注目されている方法にハイパーサーミア(癌の温熱療法)がある。

日本の場合、普及している機器は電極で人体を挟みそこに高周波を通すという方法である。
以下に、概要を抜粋。

ハイパーサーミア-001



概要

温熱療法、加温療法あるいは高温療法とも呼ばれ、身体を温めて腫瘍などの病気を治療する方法である。
赤外線やマイクロ波のような電磁波を照射して体の一部を温めて治療する方法はリハビリテーションなどに広く利用され、
一定の効果が確認されていて、確固とした生物学的根拠のあるハイパーサーミアは加温技術の進歩とともに臨床応用も進み、
手術療法、放射線療法等と並ぶ治療法の一つとして利用される。
その加温法により全身温熱療法と局所温熱療法とがあり、局所温熱療法は耳鼻咽喉科領域などの腫瘍に適用される。

ハイパーサーミアの加温方法には幾つかの種類があるが、
骨や脂肪などの導電率が低い組織で囲まれた領域では一般に非侵襲の深部加温は困難で特に脳のように頭蓋骨で囲まれている組織は
非常に困難で超音波では反射のため非侵襲の加温は不可能で電磁誘導等の方法が検討されるが正常な組織にも影響を与える可能性があり、
課題になっている。
原理

正常細胞の場合、42℃以下では300分加温しても死滅しないが、血流不足のがん細胞は、酸素供給も養分補給も十分ではない状態で無統制に増え続け、
乳酸がたまり、組織が酸性化しているので熱に弱くハイパーサーミアによってがん細胞の死滅率が上昇する。
また、正常な細胞であれば血管が拡張する事により血流が増えることにより、温度の上昇を抑える事が出来る反面、
がん細胞では42℃を境にして血流が減少する事により温度が上昇する。

高周波の熱源は、短波・超短波・マイクロ波等を用いることができるが、領域加温技術においては高周波の吸収量を、
他の組織に比べ発熱温度を高くするために正常細胞よりも誘電率が著しく高いがん細胞において多くなるように組織の誘電体損失の差の大きい8MHz帯の短波を採用する。
また、電磁波の透過率は周波数に比例して指数関数的に減少するので短波のほうが高い周波数の超短波・マイクロ波よりも生体内での減衰が少ないので
深部まで効率良く加温できる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%A2

ryou9909 at 18:34|PermalinkComments(0)癌治療 | 現代医学

June 17, 2017

癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)

現在、台湾でも癌になる人は増えている。
癌に対する現代医学の手法としては手術による、放射線治療、化学薬品による抗がん剤の投与や免疫療法があげられる。
この度、私の友人が台湾で癌の温熱療法(ハイパーサーミア)の機器を紹介するという。

この治療法は放射線療法や化学療法とも併用ができ、尚かつ、それらの使用を減少出来るという。
現代医学における新しい選択肢として活用ができよう。
この癌の温熱療法(ハイパーサーミア)は古くからあり、最近ようやく脚光が浴びてきたという。

ha-001


日本では保険が適用になる。
しかし、技術は良いのだが保険点数が低く病院経営としては利益が低く儲からないのでしたくはないという、、、。
この様な病院や医師は今後排除の対象になるだろう、、、。というか、ならないといけない社会に向かわなければならない、、、。

現代の医療は投資資金の回収のため高額な人件費となりまた、設備も高額である。
また、現代医療教育がマニュアル化され、遺脱した場合の責任回避で保身の安全策を取る人間が多い。

本来、この様なサポートは政府がするべきものだが、一緒になって欲望を満たす輩が多いのはいただけないかと、、、


私の友人が台湾でも大きな病院で治療することになった。
内蔵に転移が広がり、
そこの医師が云うには腹を開いてみないと治癒出来るかわからないという。

開いてみたものの、癌を取り切れないという結論に達し、縫合をして静養することになった、、、。
この様なバカな事は無くなる可能性が大きい。

医師のいる病院施設ないの機器や知識だけで対処を行おうとする、、、
医療業界は大変傲慢な業界であるのか、、、

ryou9909 at 19:35|PermalinkComments(0)癌治療 | 現代医学

June 06, 2017

南極大陸の秘密

南極方面の情報を少しまとめてみると。
南極大陸は一般に4Kmの氷に覆われてると云われる。

南極の厚い氷の下にボストーク湖と云う湖が発見された事が、近年話題になった。

ボストーク湖
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B9%96

n-001


この湖にはバクテリアがおり、そのDNAは86%が共通で、残りの14%は未知の物であるという。
さらには、軟体生物の物までいたという、、、
この未知のDNAは細菌兵器として軍事利用出来るため、情報は閉ざされたという。
また、卍の印が表記された物体もあったとい、、、。
この辺の事は、ナチスは大戦前より南極に興味を持ち、基地まで造っていたと云うので関連性はありそうである。

http://tocana.jp/2016/10/post_11293_entry.html

また、にアメリカが合成開口レーダーと云う軍事技術を使いスキャン(SMA)している。
ピレレースの地図のように氷の下の地図はわかっており、超古代文明の遺跡も確認しているはずである。

n-002
(これはJAXAのものである)

n-004

n-003


また、ピラミッドも発見されており、UFOとおぼしき物まで発見されている。
ピラミッドが在るという事は、世界各地の超古代文明との繋がりがあるとみて間違いなさそうである、、、

n-005

さらに云うと、巨人とアメリカ軍との激戦、異星人らしき遺体など、色々なものが発見されていると云うことであるが、
軍情報なので殆ど流出しないので、確認は難しい、、、、、。
しかし、多くの秘密があることは確かであろう、、、。

コズミック・ディスクロージャー: 南極~開示のプロセス
http://prepareforchange-japan.blogspot.tw/2017/03/CosmicDisclosure-708.html

焼き尽くされたアレクサンドリア図書館にあったとされる地図を基に、製作されたピリ・レイスの地図では、
南極の氷下の地図があり、約2000年前のアレキサンダー大王の時代には南極の氷がなかった可能性がある。
当時は、オーストラリアと南極はつながっていた可能性もある。
n-006

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3

どちらにせよ、南極大陸は重要な場所には違いない。
コブラのグループがグリッドを形成するため、チンターマニストーンの設置を行ったという。
南極に向かう飛行機の同乗者は軍関係者らしく、南極に人を寄せ付けたくない模様だとか、、、

n-007


その時の写真では氷は溶け、多くの土壌の露出が確認される。
また、道中にはクラウドシップの挨拶もあったようである。

n-008


ギャラリー
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密