June 06, 2017

南極大陸の秘密

南極方面の情報を少しまとめてみると。
南極大陸は一般に4Kmの氷に覆われてると云われる。

南極の厚い氷の下にボストーク湖と云う湖が発見された事が、近年話題になった。

ボストーク湖
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B9%96

n-001


この湖にはバクテリアがおり、そのDNAは86%が共通で、残りの14%は未知の物であるという。
さらには、軟体生物の物までいたという、、、
この未知のDNAは細菌兵器として軍事利用出来るため、情報は閉ざされたという。
また、卍の印が表記された物体もあったとい、、、。
この辺の事は、ナチスは大戦前より南極に興味を持ち、基地まで造っていたと云うので関連性はありそうである。

http://tocana.jp/2016/10/post_11293_entry.html

また、にアメリカが合成開口レーダーと云う軍事技術を使いスキャン(SMA)している。
ピレレースの地図のように氷の下の地図はわかっており、超古代文明の遺跡も確認しているはずである。

n-002
(これはJAXAのものである)

n-004

n-003


また、ピラミッドも発見されており、UFOとおぼしき物まで発見されている。
ピラミッドが在るという事は、世界各地の超古代文明との繋がりがあるとみて間違いなさそうである、、、

n-005

さらに云うと、巨人とアメリカ軍との激戦、異星人らしき遺体など、色々なものが発見されていると云うことであるが、
軍情報なので殆ど流出しないので、確認は難しい、、、、、。
しかし、多くの秘密があることは確かであろう、、、。

コズミック・ディスクロージャー: 南極~開示のプロセス
http://prepareforchange-japan.blogspot.tw/2017/03/CosmicDisclosure-708.html

焼き尽くされたアレクサンドリア図書館にあったとされる地図を基に、製作されたピリ・レイスの地図では、
南極の氷下の地図があり、約2000年前のアレキサンダー大王の時代には南極の氷がなかった可能性がある。
当時は、オーストラリアと南極はつながっていた可能性もある。
n-006

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3

どちらにせよ、南極大陸は重要な場所には違いない。
コブラのグループがグリッドを形成するため、チンターマニストーンの設置を行ったという。
南極に向かう飛行機の同乗者は軍関係者らしく、南極に人を寄せ付けたくない模様だとか、、、

n-007


その時の写真では氷は溶け、多くの土壌の露出が確認される。
また、道中にはクラウドシップの挨拶もあったようである。

n-008


台湾の風水と建築

中華圏で「風水」という言葉は、その言葉通り、「風のごとく、水の様に流れる」ことであり。
「氣」と云うエネルギーの流れを洞察するものである。


欧米諸国では、エネルギーの流れは考慮せず、もっぱら環境工学とされている。
環境工学の内、建築に関わる部分は方位とか家相とか云われているが、実際はナンセンスな物が多い。
建築はそこに住む人達が、健康で幸せになる事が究極であり、昔では風雨をしのぐものであった。

いつの頃からか、人間主体の風水という概念が産まれ、人間のエゴに使われて来たのも事実であろう、、、。

狭義の「風水」は、中華五術と云う思想の中の相の術である。相の術とは、観えるもの全てであり、
色々な流派に分かれているが、手相、顔相、家相であり、家相の中にも隠宅風水、陽宅風水があり、
建築は陽宅風水となる。

中華圏においては、この様な中華五術という哲学が根強く残っている。
物事には陰と陽があり、物事の事象を五個のカテゴリーに分類し、世の中の事象を予測する。

その思考体系をベースに、社会構造を「命、卜、相、医、山」と云う五個のカテゴリーを哲学とする思想である。
台湾はこの様な風習を未だ重要視するのは、中国共産革命の時、台湾、香港に多くの文化が流れてきたからである。

hu-001


中華の場合は道教と、陰陽五行との融合がベースとなっていると考えた方が良い。
道教の神仙道は日本からであるが、、、

hu-002


私は建築の基本は使い良さが第一で美的要素、健康的素材が付随する。
使い良さとは勿論、「間取り」の事で、これが建築の住む人のストレスを位置づける重要なファクターである。
ここに、風水だ家相と持ち込むと非常に使用しづらい物になってしまうが、
中華圏では昔より習慣があり、この認識が抜けていない。

風水では台北は中央山脈を龍脈と見立てると龍穴にあたり、
山脈からのエネルギーが龍穴に集まり栄えるところといわれている。
 
hu-003


太古の人達から地球上のエネルギーを読み、活用する技術は受け継がれている。
しかし、現在の地磁気は昔のものと異なっている物も多く、過密地域では多くの人工的な電磁波に汚染されている。

人間の思考を向上させる物は健康であり、脳波のコントロールである。
健康の維持には睡眠が重要であり、人生の三分の一は睡眠と云っても過言ではなかろう。
この、人生で最も長く居る場所が重要であり、この場所の環境を調整する事により多くの物が改善される。

建築に関しては、睡眠する部屋には化学物質のものは極力使用しない事と、
睡眠する場所の下や、睡眠場所周辺には電気配線を避ける事である。

また、地磁気の変動している場所は睡眠場所として避ける事である。

最近は高層の物が、地価の関係で多くなっているが、地磁気が弱くなる階以上は居住空間として使わない事である。

地球は大きなトーラスであり人体もトーラスと捉えると磁極の方向に身体を向ける事が、
身体へのエネルギーチャージが効率良いと思う。

人の生年月日によるデータは磁性細胞にカテゴリー分類の影響を与えるが、
人体を大きな導電体と捉えると、個々のパターンは関係ないと思っている。

変な風水師や占い師が睡眠場所の方向を指定するが、ナンセンスである。

台湾には風水師や占い師と呼ばれる人達が多い。
それに囚われる人はどうかと思うが、
基本も出来ていないのに、人間の精神という弱みを利用した商売する輩は大嫌いである。


June 05, 2017

「竹内文書」による歴史観

日本の歴史の教科書は「古事記」、「日本書紀」からの教育であるが、
それ以前の歴史を伝えるものとして、古史古伝の「竹内文書」というものがある。
この「竹内文書」は皇祖皇太神宮の伝承からである。

「竹内文書」によると、宇宙の創造からの言い伝えがあり、
時代を、宇宙創造、天神七代、上古25代、上古十代、不合朝6代、冠大和朝というカテゴリーに分け伝えている。


宇宙創造
元無極 主主大御神という神様が作ったという。

ta-001


天神七代は宇宙創生から地球が誕生し、地球に神が降り立った歴史からである。

天神七代
天神七代の時代はスメラミコトが岐阜県大野郡舟山や富山県五箇山天柱石に降り立ち、
六代目が一年を360日に定めたという。
七代目が自然気象、遺伝子工学、農業、医学、宇宙工学などの地球の環境を整えたという。
岐阜県の位山に大宮の、天神人祖一神宮を作り、世界統治の拠点としたという。
この時の神が天御光太陽貴王日大光日大神という。

上古25代(約3万4千年前)
この時代になると、天空浮船という宇宙船で世界を巡航したという。
天皇には15人の王子と1人の女王がおり、その紋章が世界各地に残っている16菊花紋だという。

ta-002

ta-003



また、人類には五色人がおりその祭典がオリンピックであるという。

ta-004

ta-005


上古十代
天神人祖一神宮を富山県の皇祖皇太神宮とし、
神代文字(ミガド字)や天地和合の御守を作ったとされる。
この時代の終わりに天変地異が多くなり、天空浮船で地球外の惑星と行き来したという。

不合朝六代(約一万年前)
石鉾歯並執楯身光天津日嗣天皇の時代、この時代になるとスメラミコトと世界各地の交通が終り、
世界の聖人、賢人がスメラミコトに会うため日本を訪れたという。
この時代の日本は大地震があり、国力が衰えスメラミコトの力が世界に行き渡らなくなる。

冠大和朝
この時代になると、世界はバラバラになり、独立し互いに自己主張をする時代になった。
それを憂いた世界の聖人、賢人が宇宙の真理を伝える事を使命とする。

というのが概略である。
今日の世界を見渡すと、まさに現代の各国が自己主張しており、
それに乗じて互いに対立させ暴利を貪る輩が見えてくる、、、、。
現代文明はこの様な歴史から観るとほんの一瞬であり、事実なら壮大なロマンというよう、、、。
神様の前では人類はもっと謙虚にならなくてはいけないと感じるのは私だけであろうか、、、



ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密