未確認飛行物体(UFO)

June 01, 2017

台湾の南部山頂に発生した雲

今回も台湾の空に不思議な雲が発生しマスコミで話題になった。

https://udn.com/news/story/7327/2495603

re-001


発生した場所は台湾の南部屏東縣と台東縣の堺にある北大武山という山頂の上空である。
この山は標高3,092mあり台湾中央山脈で南部地方では最高峰である。

北大武山-001

北大武山
https://zh.wikipedia.org/zh-tw/%E5%8C%97%E5%A4%A7%E6%AD%A6%E5%B1%B1

この雲は「レンズ雲」と云われ

レンズ雲 (レンズうん、レンズぐも、Lenticularis)は、巻積雲、高積雲、層積雲に見られる雲種の1つ。
凸レンズの様な形をした特徴的な雲。巻積雲の場合はレンズ状巻積雲、高積雲の場合はレンズ状高積雲、層積雲の場合はレンズ状層積雲とも呼ばれる。

山や山脈において、風と地形の影響によって、山頂付近を湿った空気が昇る際に断熱冷却されてできる。
傘雲、笠雲などは、この山のてっぺんにできるレンズ雲を指す呼び名である。

また、山から離れた場所でも発生する。これは山岳波が原因である。
風が山を越えた際に、その上下運動が波となって、減衰しながらも形を保ったまま風下側に流れ、
定在波となって山と同じ作用を及ぼす。

吊し雲(つるし雲)と呼ばれることが多いほか、ロール雲、ローター雲、巻き雲などとも呼ばれる。
山の高さよりも高い所にできることがある。

また、山の高さ付近を伝わる山岳波の振動が上空の気流にも影響して、
上空に別のレンズ雲が現れ、時に二重のレンズ雲になることもある。

この上空の雲だけを指す呼称として「レンズ雲」を用いる場合もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E9%9B%B2
より

阿里山に現れたレンズ雲
https://www.facebook.com/alishan.fans/photos/pcb.1757278314301820/1757276507635334/?type=3&theater

re-002


シップの判別はこのサイトを参考にしたが、2種類あるということはどちらかであろう、、、
この事は、そのうちにわかることである。
http://mizu888.at.webry.info/201405/article_87.html

葉巻型クラウドシップ
http://www.chinatimes.com/realtimenews/20170410005756-260405

re-003



レンズ型の場合はプレアスシップと云われ、台東に現れた葉巻型クラウドシップがシリウスシップなら、
台湾は銀河連邦が揃ったということになろう、、、

ryou9909 at 16:43|PermalinkComments(0)

May 01, 2017

人間製UFO

ドイツのナチスの時代、UFOや古代の遺跡にはヒットラーが大変興味を示した。
ナチスの結成には大きく日本という国が絡んでいるのだが、、、

この組織の根底は今で云うオカルトであり、その中枢は「ヴリル協会」という秘密結社だという。

UFO-001


ナチスのUFO技術はアルデバランとの交信により得れれたものだと云われる。

UFO-000


ヴリル協会に於いて、五人の巫女、その中でもマリヤオルシックというシャーマンの通信により、得られたものが大きという。

UFO-002


ドイツと日本は共同でUFOの開発を行い、反重力装置では早坂博士が第一人者であり、
「ペーパークリップ作戦」により、ヒトラーはもとより、多くの技術者がアメリカに渡った。

現在のNASAの礎はこの当時の人達であり、特に「反重力学の祖」は早坂博士だと云われる。

初期のアメリカのUFOは日独によりアルデバランの技術により開発されたもので、
その後オリオンに移行したものだという。この証言は早坂博士によるものである。

この映像は実践にテスト導入されたTR-3だという。



この現象はプラズマであろう、、、。




今のアメリカのUFOはブラックマンタと呼ばれるもので、プラズマ動力と思われる。

UFO-005  (2)


この様な技術は多くのカモフラージュがあるが、そろそろ世に出す時期ではないかと、、、。
すでに多くの情報がネット上に転がっているので、隠しきれるものでは無い。

本来、人類の平和利用と精神性の向上の為に技術の開放が行われたのである。
しかし、不運にも邪悪な者達が乗っ取ってしまったのが真相であろう、、、。

UFO-005  (1)


また、多くの宇宙人種族が地球に来ている今、戦闘の優位性にこの様な技術を使うものでは無いと思うのだが、、、。

蛇足になるが、
私も、約30年前、東京タワー横にあるフリーメーソン支部の近くにある学会ビルで、未来の車なるものの発表を行った。
タイヤは無く、反重力により浮遊するものである、方向の転換は思考により操作される。

しかし、動力源は未定であった。今なら、即プラズマと回答が出来るかもしれない、、、。
今思うと、まさしくUFOの原型であろう、、、。



ryou9909 at 19:17|PermalinkComments(0)

April 30, 2017

台湾の空の異変

去年の台湾のマスコミの記事になるが、
台北の空に渦巻き状の雲が発生し話題になった。

台北の空の渦
http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1770906

600_phpSgRPN7


今年に入り、再度異変が発生した。
4月前半に台北でプレアディアンのクラウドシップがプラズマ浄化のヴォルテクスを創造しているところだそうだ、、、。

20170411074532

ポータルより
http://2012portal.blogspot.tw/2017/04/peace-meditation-update.html

また、雲が虹色になったりと、、、。電磁波なのか、超常現象なのか、、、判断は難しい。


17883638_1266570323457127_5122810314847584848_n


台湾の空で何かが起きていることは間違いないような気がする。
特に、台北は盆地となっているので、上空の空気の動きも渦が巻くようになる。

また、コブラグループの情報だが、台北で色々な動きがあるようだ、、、。

台北コブラカンファレンス
http://prepareforchange-japan.blogspot.tw/2017/04/taiwan-conference-note.html?m=1

上記のサイトには

「台湾の北部で、光の勢力の最大規模の地下プロジェクトが進行中だ。
そこには、60キロ×100キロ四方の地下基地がプレアデス人によって築かれており、現在10億人収容できる容量は30億人まで拡張されるだろう。
そこにはテレポート装置や 1000トン以上の黄金がある。

2016年7月16日の台湾で行われたアセンション・カンファレンスで、惑星にとっての大きなエネルギ・ブレークスルーが起きた。
ここはエネルギ・グリッドの中における非常に戦略的に重要な場所である。

また、ドラゴン・ファミリーの助けで、惑星の圧縮突破にも大いに役立てている。
(私がカンファレンスでここを初めて訪れたとき、台湾の素晴らしいライトワーカーたちの心と瞳をみて、
この地域での光のエネルギをはっきり体感できた。)

 ドラゴン・ファミリーは中国人ではないモンゴルの満州民族が明朝を滅ぼして清朝を建てたときに、
地下に潜んだスピリチュアル・ファミリーの戦士達で、彼らはのちに台湾に移住した。」

とあるが、本当に台湾にAu が1000トンあれば、私の友人ルートが購入するので、是非、紹介してもらいたいものである、、、。

ryou9909 at 05:29|PermalinkComments(0)

April 29, 2017

台湾のUFO

最近、世界各地でUFOの目撃が頻繁になってきた。
台湾でもマスコミにそれらしきものが発表されている。

また、台湾でのUFO観測も活発になって来ているようである。

http://www.chinatimes.com/realtimenews/20170410005756-260405

数年前、北京で2時間にも及ぶUFOとの遭遇を経験し、
本を出版して一躍有名になったLさんの息子が、
日月漂では音もなく水面を出入りするUFOを多くの人が目撃しているという。

海底の地下都市に通ずる連絡路でも在るのではないかと思ってしまう。
湖は台湾中部の山岳地帯に続くところにあり、この山岳近辺でも目撃多い。

台湾の場合は2012年の新年恒例である101の花火のときに多くの人が目撃している。
この真相は定かでは無いが、多くの人がUFOの存在の有無に興味を持ったのは間違いないだろう、、、。



この年には日本の311が起き、日本上空にも多くのUFOが現れたという。

13413597_240753369650353_1441449398944931871_n


台湾に現れるUFOは昼間は雲形が多く、その形状も二種類あるという。
葉巻型のクラウドシップ。もう一つはレンズ型のクラウドシップである。

シリウス船やプレデアス船だと云われる。

また、台北など飛行機が多い場所では、航空機に擬体して現れている。

https://www.facebook.com/452367304879301/videos/1009733942475965/


私の友人は台湾の空軍戦闘機乗りで、飛行中にもUFOに遭遇したという。
殆ど、公然の秘密だそうだ、、、。

CIAもXファイルを公開しているし、NAVYも準備しているらしいから、

cia-xfiles-ufos-1078x515

http://www.theeventchronicle.com/editors-pick/take-a-peek-at-our-x-files-cia-releases-their-top-10-declassified-ufo-files/#

この辺のは、ナチスが作った人間性のUFOが多いような気がするが、、、。

http://www.ancient-code.com/official-navy-images-of-ufo-encounter-in-the-arctic/

NAVYのものは地底人のものかと、、、。

この様な現象はすでに常識になりつつあるかと思うが、、、。
また、ロシア、中国、メキシコ、チリなど各国の政府も認めつつあるようだ、、、。



この様なデスクロージャーは始まっており、完全デスクロージャーはすぐ間近の様な気がするのだが、、、、、。
http://www.disclosureproject.org/




ryou9909 at 19:54|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密