隠れた歴史

July 09, 2017

神社の狛犬

日本の神社をお参りする時、入り口に一対の狛犬がある。
 神様を守る、阿吽とか、陰陽とか云っている説があるが、、、、

kono-001_e1


ここでは、 セカリアシッチン(Zecharia Sitchin)氏による古代スメルの粘土板の解読でエンキ(Enki)とエンリル(Enlil)と云う人類創造神がおり、 鉱物採掘の為、労働力として人間は創られたという説を基に考察する。

 この説では、人間は奴隷としての創造たが、エンリルの反対を押し切り、エンキが知恵の実を与えたという。
人類の創造において、遺伝子操作には他の宇宙種族の物が使われた可能性があり、 ジャンクDNAと呼ばれる物はその時、切断されたと云う説がある。遺伝子操作は何回か在ったらしい、、、

いま、上空に頻繁に現れている宇宙種族のUFOはその遺伝子供給者なのかもしれない、、、
地球には数々の宇宙種族が各々の目的のために飛来しているという、、、
 ここでは、スメルの粘土板の記述を主体に話をすすめると、、、

 高次元の宇宙種族のDNAが使われたとなると、人類は創造神(シッチン説の)より高度な能力を有している可能性があるのではなかろうか、、、?

支配する方としては、自分たち以上の能力を有する事は望まない事である。
本来の目的の奴隷なら高い精神性は必要なく、権力志向で統治するならエンリルの方が正しいが、
愛情深く見守り、精神性の向上を願うのはエンキが科学者として又は創造者として平和を願ったからなのだろう、、、

遺伝子操作の研究所やハイブリッドがアダムとイブ、エデンの園とか云う伝説の根源ではないのだろうか、、、?
 これにより、人類の進化が行われたと云う。
しかし、人間に知恵を与えたことによりエンキは天の王の逆鱗に触れ堕天使となったという。
人類から見れば、恩人であると思うのだが支配という観点からは、まさに逆のことである、、

エンキとエンリルは腹違いの兄弟だと云う、、、。
この派閥争いが今日の地球まで及んでいるという、、、

英国(the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)の国章にライオンとユニコーンが表され、
ユニコーンは鎖が付けられている。
プロメテウスと云われる自由の女神も鎖に繋がれている、、、

svg


ギリシャ神話では、ゼウスの反対を押し切り、天界の火を盗んで人類に与えたプロメテウスであり、
人間を創造したと云われる神様である。

アメリカの紙幣の何をも見通す目と云われる「プロビデンスの目」はプロメテウスの目であり、イルミナティ、フリーメーソンへと続くものであると云う、、、。
 プロメテウスの目としたのでは、問題があるのであろう、、、。

 その為、角のある狛犬がエンキであり、ユニコーンと云う説がある。
対になっているもう一つの方は世界を支配したエンリルであり、ライオンを表しているという。
なので、鎖につながれた角のある方がエンキであり、堕天使である。

 この流れは、堕天使としたローマカトリックのルシファーでありサタンとか悪魔とか非常に非難をして優位性を保つもの、、、
元々、キリスト教はミトラ教を乗っ取ったものであるから、非難されるべきはどちらなのか、、、と思ってしまう。

 ミトラ教は日本では密教と名が変わったものであると云うが、、、、、、 どちらにせよ、人間の創った宗教は精神コントロールシステムと捉えられるので、どうでも良い事ではあるが、、、

 宗教を利用して人間をコントロールすることは、今始まったことでは無く、太古の時代より受け継がれたものであり、 根本は一つから派生したものであろう、、、、、
どこかの国の派閥争いみたいなものである、、、。

日本の狛犬やユニコーンは鎖で繋がれていない、、、
これは、対等の関係であり、西洋の思想は現状の支配体制の優位性を保つためのものと考えられないだろうか、、、?

te-001


 なので、狛犬は神様自体であり、そこからは神聖な場所であると云うのが本来の意味ではなかろうか、、、?

その奥は、、、神様の中の神様、、、天之御中主神、、、

ryou9909 at 00:45|PermalinkComments(0)

June 05, 2017

「竹内文書」による歴史観

日本の歴史の教科書は「古事記」、「日本書紀」からの教育であるが、
それ以前の歴史を伝えるものとして、古史古伝の「竹内文書」というものがある。
この「竹内文書」は皇祖皇太神宮の伝承からである。

「竹内文書」によると、宇宙の創造からの言い伝えがあり、
時代を、宇宙創造、天神七代、上古25代、上古十代、不合朝6代、冠大和朝というカテゴリーに分け伝えている。


宇宙創造
元無極 主主大御神という神様が作ったという。

ta-001


天神七代は宇宙創生から地球が誕生し、地球に神が降り立った歴史からである。

天神七代
天神七代の時代はスメラミコトが岐阜県大野郡舟山や富山県五箇山天柱石に降り立ち、
六代目が一年を360日に定めたという。
七代目が自然気象、遺伝子工学、農業、医学、宇宙工学などの地球の環境を整えたという。
岐阜県の位山に大宮の、天神人祖一神宮を作り、世界統治の拠点としたという。
この時の神が天御光太陽貴王日大光日大神という。

上古25代(約3万4千年前)
この時代になると、天空浮船という宇宙船で世界を巡航したという。
天皇には15人の王子と1人の女王がおり、その紋章が世界各地に残っている16菊花紋だという。

ta-002

ta-003



また、人類には五色人がおりその祭典がオリンピックであるという。

ta-004

ta-005


上古十代
天神人祖一神宮を富山県の皇祖皇太神宮とし、
神代文字(ミガド字)や天地和合の御守を作ったとされる。
この時代の終わりに天変地異が多くなり、天空浮船で地球外の惑星と行き来したという。

不合朝六代(約一万年前)
石鉾歯並執楯身光天津日嗣天皇の時代、この時代になるとスメラミコトと世界各地の交通が終り、
世界の聖人、賢人がスメラミコトに会うため日本を訪れたという。
この時代の日本は大地震があり、国力が衰えスメラミコトの力が世界に行き渡らなくなる。

冠大和朝
この時代になると、世界はバラバラになり、独立し互いに自己主張をする時代になった。
それを憂いた世界の聖人、賢人が宇宙の真理を伝える事を使命とする。

というのが概略である。
今日の世界を見渡すと、まさに現代の各国が自己主張しており、
それに乗じて互いに対立させ暴利を貪る輩が見えてくる、、、、。
現代文明はこの様な歴史から観るとほんの一瞬であり、事実なら壮大なロマンというよう、、、。
神様の前では人類はもっと謙虚にならなくてはいけないと感じるのは私だけであろうか、、、



ryou9909 at 13:19|PermalinkComments(0)

May 25, 2017

ウバイドの黄金

スメル(シュメールと一般では云う)文明の前、ウバイド人が文明を発祥したという。
その黄金の採掘場所が移動し、日本に到達したという。

このような事は落合莞爾氏が文筆している。
民族の移動の極西はスコットランドであり、極東は日本であるという。

なので、民族的思考は極西と極東は同じようである云い、世界はバイドワンワールドであるという。
また、日本の天皇家は欧州諸国とは血縁関係にあるという。

詳しく云うと、世界はひとつの存在であるとする思想を持つ勢力であり、
ウバイドワンワールドは無私無欲の存在で、黄金ファンドの専管権を有しておる。

これに対抗している勢力がイエズス会を筆頭とするファンドへの羨望と欲望を持った、
搾取でファンドを蓄積したグループであるという。

この両陣営は共に国際金融連合(俗に云う偽ユダヤ)を使役しており、
国際金融連合は双方のファンドを一般社会で運用し利ざやを稼いでいるという。

sec5_3
図はインペリアル・アイズより拝借

なので、あらゆる事件や出来事がユダヤの策略であると錯覚してしまうという。
ここで云うユダヤには血族的なスファラディ系ユダヤ人と宗教を基本としたアシュケナジー系ユダヤ人があり、
宗教を基本としたアシュケナジー系白人ユダヤ人を指す。

また、日本という国は表の政体部と裏の國體部に別れ、管理の権限は國體部が保有しているそうだ。

このイエズス会と國體部の共通項目が国際金融連合である。
なので、見かけ上国際金融連合は悪くも良くも捉えれれている、、、。

戦争の根本は領地の奪い合いであり、資源や財宝の強奪である。
また、経済と軍事はワンセットのため、それに合わせた産業が発生する。

しかし、その終焉も近いようである、、、。

ryou9909 at 21:42|PermalinkComments(0)

May 18, 2017

最も普及している現代の洗脳テク10種

現代の情報媒体としては、TV、ラジオ、新聞、雑誌、などがあげられるが、
インターネットや携帯電話の普及により多くの情報が迅速に広まり隠し事が出来ない状況になってきた。

Ten Popular Mind Control Techniques Used Today
http://www.activistpost.com/2010/12/10-modern-methods-of-mind-control.html
このサイトを訳しているところがあるので、引用すると、、、。


洗脳(マインド・コントロール)について調べるほど、はるか昔に、
人類を何も考えないロボットのように変えるという目標のある組織的な脚本が作られたという結論に近づくことになります。

大衆に対する権力を追求する者がいる限り、大衆が少数の「エリート」集団の意志に屈服することを目的として、
洗脳は人間の行動を研究する者によって画策されてきました。

現在では洗脳が肉体的・科学的な次元になされる危険な局面に突入しており、世界的な規模で展開されている、
独裁権力が自由に使える技術的なツールに気がつかない場合には洗脳に浸された状態が恒久的になりかねないところにまできています。

現代の洗脳は技術的、かつ心理学的なものです。実験からは、単に洗脳の方法を見せるだけでも、
少なくとも洗脳効果のある広告やプロパガンダに対しては、洗脳の効果が減少、あるいはなくなることが明らかにされています。

それよりも対抗することが難しい洗脳は、軍産複合体が開発・改善を継続しているような身体に侵入するタイプのものです。


「最も普及している現代の洗脳テク10種」
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12133404937.html
より
-------------------------------

s-001


各項目に、私なりの補足を付け加えることにする。

1.教育

政権を取った政府が国民をコントロールすることは、昔から行われていることである。
歴史は時の政権に都合よく記述することは常識である。
歴史のみならず、科学、医療分野も利益の追求なら、
人類の発展を阻止する事も辞さない。
小さな嘘はすぐにバレルが、大きな嘘はバレづらいということであろう。
インターネットの普及が裏目に出て、多くの人が深層を知るようになってきた。


2.広告とプロパガンダ

この項目も、利益のためなら正義という名でテロを辞さないということであろう。
相手方にテロ組織を作り資金や兵器の援助も行うことが暴露されてきた。
マッチポンプのテロと戦争である。
マスコミも深層を隠し、情報操作の一翼を担っている。


3. 予測プログラミング

預言という名の計画を実行する。
ベストセラーと云われるものは、共通の認識が在るため群衆心理を活用した恐怖心の操作を行う。


4.スポーツ、政治、宗教

3S政策が具体的なものである。
愚民化政策であり、対立を作り療法を影から操作し利益を得る事である。


5.食べ物、水、空気

大衆のIQを下げておいた方がそう探しやすいため、物質的な操作を行う。
また、医療という名のビジネスを行うのにお客は多いほうが良い。
これもマッチポンプの項目である。


6.麻薬(中毒をもたらすあらゆるもの)

常習性の在るものをコントロールすることは大きな利益を生む。
昔から、裏の多きな資金源である。


7.軍部の実験

従順な兵士を造ることは、昔から軍隊の常識である。
軍はいつでも最強の兵士の製造を望んでいる。


8. 電磁スペクトル

視覚に認識出来ないものでコントロールすることは、操作者にとっては非常に都合が良い。


9.テレビ、コンピュータ、フリッカーの頻度

無意識状態で脳や身体に情報を送り込む最適なツールである。


10.ナノボット

インプラントによる人類の番号制である。管理者にとっては非常に都合が良いものである。


http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12133404937.html
以上が「最も普及している現代の洗脳テク10種」への私の補足である。

全てのものが周知の事実として支配層が行っていることであり、
これらを国民に知られることは問題となるであろう。

基本的に支配層には優生学という思想があるが、
さらに極端なものには他の者はゴエムであるという思想が在る。

要するに同じパイの奪い合いであり、パイは資源や領土、食料、金融に値する。

しかし、その時代は過ぎ去っているので、
調和した対立の無い世界に移行するであろう。

s-002


懐疑心に満ちた生活も精神衛生上問題だが、疑問に思ったら少しと距離を置くのも方法である。
しかし、その疑問に気が付けないのが洗脳の恐ろしさである、、、。

ryou9909 at 13:57|PermalinkComments(0)

May 17, 2017

イエスの正体(エジプト古代文書による)

エジプトで発見された古代文書にイエスキリストに関する記述が近年の研究で明らかになったという。
キリストは自由自在に姿を変えられる「シェイプシフター」だったという。


http://tocana.jp/2017/05/post_13219_entry.html
から引用
----------------

英紙「Express」(5月13日付)によると、問題の文書は米国内の図書館、ペンシルベニア大学の博物館に所蔵されいる2つの古代文書だという。
1200年ほど前に、エジプトの古代言語であるコプト語で書かれたものとのことだ。

同文書では、キリストがピラト(キリストの処刑に関与したとされるローマ帝国の第5代ユダヤ属州総督)と処刑前夜に夕食をともにした際に、
キリストの口から驚くべき発言があったことが詳細に記されている。

「週の5日目、ピラトは夕食の席を用意し、キリストとともに食事をした。そして、キリストはピラトと彼の家を祝福した」

その席で処刑を実行する旨を伝えるピラトに対し、キリストは「その気になれば姿を変えて逃げ出すことさえできる」と語り、信じがたい奇跡を披露する。

「ピラトはキリストを見た。すると、なんと、キリストの体が消えてしまったのだ。ピラトはしばらくの間、キリストを見失った」

エジプトで発見された古代文書にキリストに関する驚愕の事実が記されていたことが近年の研究で明らかになった。なんと、キリストは自由自在に姿を変えられる「シェイプシフター」だったというのだ!
----------------
i-001

SHOCK CLAIM: Jesus was a SHAPE-SHIFTER and could take any form, ancient Egyptian texts say

http://www.express.co.uk/news/weird/803781/Jesus-christ-ancient-Egypt-shape-shifter

イエスが人間ではなく宇宙種族らしいという記述は、
レオナルドダ・ビンチによる絵画や

i-002

中世の教会の壁画に描かれているUFOに乗っているイエスの姿などがある。
i-003


ダ・ビンチの描写ではレプタリアン(爬虫類種族)に描かれ、マリアなども同じような意図で描かれている。
i-004


ルネッサンスと云えども宗教の権力がある中でこの様な事を表現する事はダ・ビンチとて命がけである。

i-005


日本の林ひろし氏によるとダ・ビンチもレプタリアンだったらしいという、、、。

ryou9909 at 11:12|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密