スマホ

May 21, 2017

中国のスマホ依存症

台湾のMRTに乗ると人がうつ向いてスマホの操作をしている光景に出会う。
この様な現象は台湾、日本ばかりではない。
お隣の中国大陸は極限という言葉が付くという。

スマホ依存症とは
名前の通りスマートフォン依存症を略したもの。

四六時中スマートフォンをいじっており、スマートフォンを触れないと心配になってしまい、
他の事が考えられなくなってしまったりする。

他にも、

・スマホ無しで1日過ごせない
・運転中でもスマホをいじる
・親しい人と一緒でもスマホを使う
・対面にいるのにチャットで会話する
・風呂やトイレまで持ち込む
・疲れ目になる

などがあり、ネットに接する年齢が低ければ低いほど依存症になるリスクも高くなる。

https://matome.naver.jp/odai/2139504974313321701
より

しかし、中国ではスマホが生活を圧迫している。若者の依存率が70%以上であるという。

中国社会は「スマホありき」が前提となり、大都市ではスマホによる決済が当たり前になっている。
スマホがなければ、日常生活にも支障をきたすほどであり、買い物だけでなく、
タクシーを捕まえることにも苦労を強いられるのが実情だ。

スマホが使えない高齢者や出稼ぎ労働者との「スマホ格差」もますます広がりつつある。
なぜ、中国で「スマホ依存」がここまで進んだのか、取材してみた。(ジャーナリスト 中島 恵)

中国人の「スマホ依存」が極限まで進んでいる理由

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E4%BE%9D%E5%AD%98%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%A5%B5%E9%99%90%E3%81%BE%E3%81%A7%E9%80%B2%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1/ar-BBB27VQ#page=2
より

とのことである。

sm-001


スマホによる決済機能が大きく広がりを見せており、
将来的にはチップの埋め込み要因の育成かと思ってしまう。
この様な社会は便利な半面、集団のコントロールが容易になると思うのは私だけであろうか、、、、、


ryou9909 at 16:10|PermalinkComments(0)

ライン(LINE)を使用した時のスマホによる電磁波被爆

今日の朝、知りあいからメッセージがあった。
内容は携帯電でラインを使用すると携帯電話を掛けるときよりも電磁波の数値が8倍の高くなるという。

あなたを「殺す!」と極端な見出しである。

太可怕!現在的年輕人為了省錢會「用LINE講電話」,可是「背後驚人真相」會活活害死你!(視頻)
http://www.cocomy.net/post/457771

さらに違うサイトでは、

台湾電磁輻射公害防治協会は5日、携帯電話の無料通信アプリLINE使用による電磁波被ばく状況調査の結果を発表し、
被ばく量が使用しない場合の5万から6万倍になるとして12歳以下の子どもや妊婦は使用を控えるよう呼び掛けた。

同会理事長で脳神経外科医の林高章氏はLINEの普及により長時間の通話が増え、
その結果、電磁波被ばく量が大幅に増加。
全身倦怠(けんたい)、頭痛、耳鳴り、不眠、目まいなどの電磁波による健康障害が出る可能性が高くなっているとした。
現在、台湾のLINE使用人口は約1500万人。頭部に機械を押し当てて行う通話による電磁波被ばくは脳に悪影響を及ぼすとして、
同会は通話の際には2センチ以上離すことや、寝る際は枕元で充電しないことなども呼び掛けている。

【中国時報】LINEの使用 妊婦、子ども控えて 電磁波で健康障害も
http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-212574.html
より

さらにこちらの方には多くの記事が掲載されている。

LINEで健康被害も!台湾報道「LINE長時間使うと脳を損傷して健康被害」
https://matome.naver.jp/odai/2137881581712497501

ライン(LINE)の普及は台湾でも多くなっている。中国大陸ではラインは繋がりにくく「WeChat」が主流である。
こちらの、日本、台湾への進出の為の戦略の可能性も拭いきれないが、
どちらにせよ、長時間の携帯電話の使用による脳への影響は避けられない。

l-001


最近のスマホは使用時の発熱量や電磁波発生力も大きい。
脳への保護の為、PCで使用するか、電磁波防止グッズなどの使用や携帯電話から距離を置いて使用する方法を検討する必要がある。


ryou9909 at 13:27|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密