June 18, 2017

ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法

今、癌治療で注目されている方法にハイパーサーミア(癌の温熱療法)がある。

日本の場合、普及している機器は電極で人体を挟みそこに高周波を通すという方法である。
以下に、概要を抜粋。

ハイパーサーミア-001



概要

温熱療法、加温療法あるいは高温療法とも呼ばれ、身体を温めて腫瘍などの病気を治療する方法である。
赤外線やマイクロ波のような電磁波を照射して体の一部を温めて治療する方法はリハビリテーションなどに広く利用され、
一定の効果が確認されていて、確固とした生物学的根拠のあるハイパーサーミアは加温技術の進歩とともに臨床応用も進み、
手術療法、放射線療法等と並ぶ治療法の一つとして利用される。
その加温法により全身温熱療法と局所温熱療法とがあり、局所温熱療法は耳鼻咽喉科領域などの腫瘍に適用される。

ハイパーサーミアの加温方法には幾つかの種類があるが、
骨や脂肪などの導電率が低い組織で囲まれた領域では一般に非侵襲の深部加温は困難で特に脳のように頭蓋骨で囲まれている組織は
非常に困難で超音波では反射のため非侵襲の加温は不可能で電磁誘導等の方法が検討されるが正常な組織にも影響を与える可能性があり、
課題になっている。
原理

正常細胞の場合、42℃以下では300分加温しても死滅しないが、血流不足のがん細胞は、酸素供給も養分補給も十分ではない状態で無統制に増え続け、
乳酸がたまり、組織が酸性化しているので熱に弱くハイパーサーミアによってがん細胞の死滅率が上昇する。
また、正常な細胞であれば血管が拡張する事により血流が増えることにより、温度の上昇を抑える事が出来る反面、
がん細胞では42℃を境にして血流が減少する事により温度が上昇する。

高周波の熱源は、短波・超短波・マイクロ波等を用いることができるが、領域加温技術においては高周波の吸収量を、
他の組織に比べ発熱温度を高くするために正常細胞よりも誘電率が著しく高いがん細胞において多くなるように組織の誘電体損失の差の大きい8MHz帯の短波を採用する。
また、電磁波の透過率は周波数に比例して指数関数的に減少するので短波のほうが高い周波数の超短波・マイクロ波よりも生体内での減衰が少ないので
深部まで効率良く加温できる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%A2

ryou9909 at 18:34|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密