竹内文書

June 05, 2017

「竹内文書」による歴史観

日本の歴史の教科書は「古事記」、「日本書紀」からの教育であるが、
それ以前の歴史を伝えるものとして、古史古伝の「竹内文書」というものがある。
この「竹内文書」は皇祖皇太神宮の伝承からである。

「竹内文書」によると、宇宙の創造からの言い伝えがあり、
時代を、宇宙創造、天神七代、上古25代、上古十代、不合朝6代、冠大和朝というカテゴリーに分け伝えている。


宇宙創造
元無極 主主大御神という神様が作ったという。

ta-001


天神七代は宇宙創生から地球が誕生し、地球に神が降り立った歴史からである。

天神七代
天神七代の時代はスメラミコトが岐阜県大野郡舟山や富山県五箇山天柱石に降り立ち、
六代目が一年を360日に定めたという。
七代目が自然気象、遺伝子工学、農業、医学、宇宙工学などの地球の環境を整えたという。
岐阜県の位山に大宮の、天神人祖一神宮を作り、世界統治の拠点としたという。
この時の神が天御光太陽貴王日大光日大神という。

上古25代(約3万4千年前)
この時代になると、天空浮船という宇宙船で世界を巡航したという。
天皇には15人の王子と1人の女王がおり、その紋章が世界各地に残っている16菊花紋だという。

ta-002

ta-003



また、人類には五色人がおりその祭典がオリンピックであるという。

ta-004

ta-005


上古十代
天神人祖一神宮を富山県の皇祖皇太神宮とし、
神代文字(ミガド字)や天地和合の御守を作ったとされる。
この時代の終わりに天変地異が多くなり、天空浮船で地球外の惑星と行き来したという。

不合朝六代(約一万年前)
石鉾歯並執楯身光天津日嗣天皇の時代、この時代になるとスメラミコトと世界各地の交通が終り、
世界の聖人、賢人がスメラミコトに会うため日本を訪れたという。
この時代の日本は大地震があり、国力が衰えスメラミコトの力が世界に行き渡らなくなる。

冠大和朝
この時代になると、世界はバラバラになり、独立し互いに自己主張をする時代になった。
それを憂いた世界の聖人、賢人が宇宙の真理を伝える事を使命とする。

というのが概略である。
今日の世界を見渡すと、まさに現代の各国が自己主張しており、
それに乗じて互いに対立させ暴利を貪る輩が見えてくる、、、、。
現代文明はこの様な歴史から観るとほんの一瞬であり、事実なら壮大なロマンというよう、、、。
神様の前では人類はもっと謙虚にならなくてはいけないと感じるのは私だけであろうか、、、



ryou9909 at 13:19|PermalinkComments(0)

June 03, 2017

台湾ピラミッドの秘密

ピラミッドは英語表記で「Pyramid」、日本語表記では「金字塔」、と書く。
ピラミッドは世界各地に分布しており、一般的にはエジプトのクフ王のピラミッドが有名である。

pr-001


ピラミッドは世界各地に分布しており、造った文明やデザインももまちまちである。
しかし、目印として使用やエネルギーグリッドとしての使用は変わらないようである。

pr-004


このエジプトのクフ王のピラミッドの内部構造と日本の出雲大社の神殿の傾斜構造が同じであるという。

pr-002


なので、使われ方は同じであるかと思われる。

pr-003


また、ピラミッドという言葉は、日本発祥の言葉であり、確認される人工の世界最古のピラミッドは日本にあるという。
酒井勝軍氏の研究により日本の広島県にある葦嶽山は2万3千年前の世界最古のピラミッドとされている。
いつの時代でも、時の権力による歴史の隠蔽は行われる。旧陸軍の手により破壊されたと云われる。

この事は武内宿禰によると「竹内文書」にいい表されており、
さらには、エジプトのピラミッドの製作者はミケイリノス(三毛入野命)と云われる。
彼は神武天皇の兄であるという。
なので、日本という場所は古代より重要な場所であった事が伺われる。

台湾には、一般的に云われるピラミッドと云う人工建造物は無いが、
島自体をピラミッドと見立てることは出来ないであろうか、、、?

台湾の場合、高い山脈(3000m級)が連なり、島自体が大きな自然のピラミッドであり、

島自体のエネルギーレベルも高く、
台湾のエネルギー場)与那国島が太古の人工島ならば、台湾島もまさに人工のピラミッドであろう。

pr-005


それらの製作時期は、海底遺跡よりも前の時代、先史時代の事であるので今の文明の前の時代である。
この様なテクノロジーは超古代の人達は持っていたと捉えても何ら不思議では無いはずである。

最近では登山ブームが台湾でも起こっており、自然の破壊が進んでいる。
原住民の神聖な山であったが、どこの国でも観光という名の経済が自然を冒涜するのは同じである。

pr-006


標高の高い場所が自然破壊された場合、自然の修復には想像より遥かに長い年月がかかるものである。
登山家は、「そこに山があるから登る」とエゴイズム丸出しの事を云っているが、
神聖な山に踏み込むので、マナーを優先した登山を希望したいものである。

ryou9909 at 18:57|PermalinkComments(0)

April 29, 2017

与那国島の海底遺跡-02

与那国島自体も人工で作られたという説もある。

https://youtu.be/PgBF8-74jrk


この様な事を云うと「とんでも」扱いされてしまうが、現在起きている事象を観察すると何が起きても、
また何があっても不思議では無いような気がする。

前回の記事の様に口伝によると、太古には太平洋上に大きな大陸があり、高度な文明を持っていたという。
その文明の端の遺跡が与那国島海底のものらしい。

mu-005



日本での研究は琉球大学の海底遺跡調査チームが行っているようである。
琉球大学の木村氏が詳細をかいている。

その地形は下記の様になっているという。地形図はネットよりを拝借したものである。

mu-006

また、古史古伝の「竹内文書」には五色人(白人・黒人・赤人・青人・黄人)
と王族の黄金人が暮らしていたが天変地異で沈み、
日本など太平洋の沿岸域に避難したとある。

この辺の信憑性は分からないが、日本における天皇家はムーの黄金人の子孫であるとし、
日本人こそムーの正統であるという。




ryou9909 at 02:24|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密