脳波

June 06, 2017

台湾の風水と建築

中華圏で「風水」という言葉は、その言葉通り、「風のごとく、水の様に流れる」ことであり。
「氣」と云うエネルギーの流れを洞察するものである。


欧米諸国では、エネルギーの流れは考慮せず、もっぱら環境工学とされている。
環境工学の内、建築に関わる部分は方位とか家相とか云われているが、実際はナンセンスな物が多い。
建築はそこに住む人達が、健康で幸せになる事が究極であり、昔では風雨をしのぐものであった。

いつの頃からか、人間主体の風水という概念が産まれ、人間のエゴに使われて来たのも事実であろう、、、。

狭義の「風水」は、中華五術と云う思想の中の相の術である。相の術とは、観えるもの全てであり、
色々な流派に分かれているが、手相、顔相、家相であり、家相の中にも隠宅風水、陽宅風水があり、
建築は陽宅風水となる。

中華圏においては、この様な中華五術という哲学が根強く残っている。
物事には陰と陽があり、物事の事象を五個のカテゴリーに分類し、世の中の事象を予測する。

その思考体系をベースに、社会構造を「命、卜、相、医、山」と云う五個のカテゴリーを哲学とする思想である。
台湾はこの様な風習を未だ重要視するのは、中国共産革命の時、台湾、香港に多くの文化が流れてきたからである。

hu-001


中華の場合は道教と、陰陽五行との融合がベースとなっていると考えた方が良い。
道教の神仙道は日本からであるが、、、

hu-002


私は建築の基本は使い良さが第一で美的要素、健康的素材が付随する。
使い良さとは勿論、「間取り」の事で、これが建築の住む人のストレスを位置づける重要なファクターである。
ここに、風水だ家相と持ち込むと非常に使用しづらい物になってしまうが、
中華圏では昔より習慣があり、この認識が抜けていない。

風水では台北は中央山脈を龍脈と見立てると龍穴にあたり、
山脈からのエネルギーが龍穴に集まり栄えるところといわれている。
 
hu-003


太古の人達から地球上のエネルギーを読み、活用する技術は受け継がれている。
しかし、現在の地磁気は昔のものと異なっている物も多く、過密地域では多くの人工的な電磁波に汚染されている。

人間の思考を向上させる物は健康であり、脳波のコントロールである。
健康の維持には睡眠が重要であり、人生の三分の一は睡眠と云っても過言ではなかろう。
この、人生で最も長く居る場所が重要であり、この場所の環境を調整する事により多くの物が改善される。

建築に関しては、睡眠する部屋には化学物質のものは極力使用しない事と、
睡眠する場所の下や、睡眠場所周辺には電気配線を避ける事である。

また、地磁気の変動している場所は睡眠場所として避ける事である。

最近は高層の物が、地価の関係で多くなっているが、地磁気が弱くなる階以上は居住空間として使わない事である。

地球は大きなトーラスであり人体もトーラスと捉えると磁極の方向に身体を向ける事が、
身体へのエネルギーチャージが効率良いと思う。

人の生年月日によるデータは磁性細胞にカテゴリー分類の影響を与えるが、
人体を大きな導電体と捉えると、個々のパターンは関係ないと思っている。

変な風水師や占い師が睡眠場所の方向を指定するが、ナンセンスである。

台湾には風水師や占い師と呼ばれる人達が多い。
それに囚われる人はどうかと思うが、
基本も出来ていないのに、人間の精神という弱みを利用した商売する輩は大嫌いである。


ryou9909 at 18:08|PermalinkComments(0)

May 06, 2017

シューマン共振数の上昇。Earth's Frequency - Schumann Resonance - Hits 90Hz

Sound healing団体であるAcoustic Healthによると、地球の周波数であるシューマン共振が、90HZになったという。



http://www.acoustichealth.com/
2014年には、14~16Hzにまで上昇し、2017年1月31日のデータでは、36~50Hzなり、

4月16日には、シューマン共振の値が、さらに90Hzにヒットしたという。

この様な上昇は人類のDNAに与える影響が加速されるという。

どの様になるかというと、
ニューヨーク州立大教授のロバート・ベッカー博士は細胞活動の異常に関して、
16Hzに周波数が上昇するとDNAの組み換えに変調をきたすという。
これが事実なら、すでに起きている可能性がある。

あるサイトには
《DNAの組み替え発生状況》
「シューマン共振」の上昇により、DNAの回転速度も上昇。 
「フォトン・エネルギー」は左回りで、生命体のエネルギーの正常磁場が右回りの為、
DNAにこのエネルギーが入ると、螺旋がほどける現象が起こる。

DNAの螺旋変換発生。~ 身体的変化:高熱、風邪のような症状、だるさ、眠気、イライラ、感情の不安定化。

左回りになっている間に、DNAにはどんどん「フォトン・エネルギー」が入る。
周波数が上がると右回りになり、「フォトン・エネルギー」を体の中に取り込む。人間の体は、半物質化してしまう。

睡眠、食事必要性減少。DNAの組み替えが起こる。体の周りのオーラ・エネルギー(生体磁場)がだんだん見えてくるようになる。

とあるが、人体がプラズマ化してくるのであろう、、、。

NASAは結構、嘘をつき情報を隠匿してしまうので、この様な確認は自分の身体と適合して確認をする他は無いような気がするが、、、。



また、シューマン共振(共鳴)とは
------------------------------------
シューマン共振(共鳴)
 地球大地と電離層の間の球殻状の空洞を、雷放電で発生した極超長波が伝播する現象で、
理論的に予測したシューマン教授(ドイツ 1888~1974)の名前にちなんでシューマン共振(共鳴)と呼ばれています。

図2:地球と電離層(イメージ)
000328087

 自然界で、電磁波の主な発生源といえば雷です。
雷雲内に発生した多量の電荷が雷によって大地に放電されます。
その電流は、数千アンペアから数万アンペアに達します。

雷によって発生した、数ヘルツから数百メガヘルツの電磁波のうち、電離層に反射する低い周波数は、
大地と電離層の間を何回も反射しながら進行し、特定の周波数で共振します。

 雷は、世界中で絶えず発生しています。(1日に約5万個の雷雨が発生し、
1秒間に100回ぐらいの雷が落ちているといわれています。)

従って、太古の昔から低い周波数の電磁波は地球上を駆けめぐっていたのです。
なにか、ワクワクしませんか。

図3:定在波の周波数と波長の関係
000328088


 地球(電離層と地面間の球殻状の空洞)の共振周波数は、
電磁波の伝搬速度、30万キロメートルを地球周囲の長さ4万キロメートルで割った7.5ヘルツ付近になります。
実際に測定したデータでは、様々な条件から7.8ヘルツを中心としたある一定範囲の周波数で共振が測定されました。

 7.8ヘルツは基本周波数で、13.5、19.1、24.7、30.2、35.7、41.3ヘルツの高調波が、
定在波として発生します。
比較的高い周波数の定在波は減衰するということがわかっています。
脳波とシューマン共振波

 ヒトの脳波(electroencephalogram)は、周波数8ヘルツから13ヘルツのアルファ波、14ヘルツから25ヘルツのベータ波、などが知られています。
ヒトだけではなく、イヌ、ネコ、ウサギなどもヒトに近い数ヘルツから数十ヘルツの脳波を持っているそうです。

 私は専門家ではありませんが、脳波とシューマン共振波に類似性があるとしたら、
血液と海水の成分が似ているように、生命の誕生に何らかの関係があるのではないかと、ワクワクします。

 みなさんは、どのように考えますか。

-------------------------
以上は総務省のHPからの抜粋である。
総務省
http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/mymedia/26/1224.html


ryou9909 at 02:43|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密