超古代文明

June 06, 2017

南極大陸の秘密

南極方面の情報を少しまとめてみると。
南極大陸は一般に4Kmの氷に覆われてると云われる。

南極の厚い氷の下にボストーク湖と云う湖が発見された事が、近年話題になった。

ボストーク湖
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B9%96

n-001


この湖にはバクテリアがおり、そのDNAは86%が共通で、残りの14%は未知の物であるという。
さらには、軟体生物の物までいたという、、、
この未知のDNAは細菌兵器として軍事利用出来るため、情報は閉ざされたという。
また、卍の印が表記された物体もあったとい、、、。
この辺の事は、ナチスは大戦前より南極に興味を持ち、基地まで造っていたと云うので関連性はありそうである。

http://tocana.jp/2016/10/post_11293_entry.html

また、にアメリカが合成開口レーダーと云う軍事技術を使いスキャン(SMA)している。
ピレレースの地図のように氷の下の地図はわかっており、超古代文明の遺跡も確認しているはずである。

n-002
(これはJAXAのものである)

n-004

n-003


また、ピラミッドも発見されており、UFOとおぼしき物まで発見されている。
ピラミッドが在るという事は、世界各地の超古代文明との繋がりがあるとみて間違いなさそうである、、、

n-005

さらに云うと、巨人とアメリカ軍との激戦、異星人らしき遺体など、色々なものが発見されていると云うことであるが、
軍情報なので殆ど流出しないので、確認は難しい、、、、、。
しかし、多くの秘密があることは確かであろう、、、。

コズミック・ディスクロージャー: 南極~開示のプロセス
http://prepareforchange-japan.blogspot.tw/2017/03/CosmicDisclosure-708.html

焼き尽くされたアレクサンドリア図書館にあったとされる地図を基に、製作されたピリ・レイスの地図では、
南極の氷下の地図があり、約2000年前のアレキサンダー大王の時代には南極の氷がなかった可能性がある。
当時は、オーストラリアと南極はつながっていた可能性もある。
n-006

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3

どちらにせよ、南極大陸は重要な場所には違いない。
コブラのグループがグリッドを形成するため、チンターマニストーンの設置を行ったという。
南極に向かう飛行機の同乗者は軍関係者らしく、南極に人を寄せ付けたくない模様だとか、、、

n-007


その時の写真では氷は溶け、多くの土壌の露出が確認される。
また、道中にはクラウドシップの挨拶もあったようである。

n-008


ryou9909 at 21:33|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密