UFO

June 06, 2017

南極大陸の秘密

南極方面の情報を少しまとめてみると。
南極大陸は一般に4Kmの氷に覆われてると云われる。

南極の厚い氷の下にボストーク湖と云う湖が発見された事が、近年話題になった。

ボストーク湖
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%B9%96

n-001


この湖にはバクテリアがおり、そのDNAは86%が共通で、残りの14%は未知の物であるという。
さらには、軟体生物の物までいたという、、、
この未知のDNAは細菌兵器として軍事利用出来るため、情報は閉ざされたという。
また、卍の印が表記された物体もあったとい、、、。
この辺の事は、ナチスは大戦前より南極に興味を持ち、基地まで造っていたと云うので関連性はありそうである。

http://tocana.jp/2016/10/post_11293_entry.html

また、にアメリカが合成開口レーダーと云う軍事技術を使いスキャン(SMA)している。
ピレレースの地図のように氷の下の地図はわかっており、超古代文明の遺跡も確認しているはずである。

n-002
(これはJAXAのものである)

n-004

n-003


また、ピラミッドも発見されており、UFOとおぼしき物まで発見されている。
ピラミッドが在るという事は、世界各地の超古代文明との繋がりがあるとみて間違いなさそうである、、、

n-005

さらに云うと、巨人とアメリカ軍との激戦、異星人らしき遺体など、色々なものが発見されていると云うことであるが、
軍情報なので殆ど流出しないので、確認は難しい、、、、、。
しかし、多くの秘密があることは確かであろう、、、。

コズミック・ディスクロージャー: 南極~開示のプロセス
http://prepareforchange-japan.blogspot.tw/2017/03/CosmicDisclosure-708.html

焼き尽くされたアレクサンドリア図書館にあったとされる地図を基に、製作されたピリ・レイスの地図では、
南極の氷下の地図があり、約2000年前のアレキサンダー大王の時代には南極の氷がなかった可能性がある。
当時は、オーストラリアと南極はつながっていた可能性もある。
n-006

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%9C%B0%E5%9B%B3

どちらにせよ、南極大陸は重要な場所には違いない。
コブラのグループがグリッドを形成するため、チンターマニストーンの設置を行ったという。
南極に向かう飛行機の同乗者は軍関係者らしく、南極に人を寄せ付けたくない模様だとか、、、

n-007


その時の写真では氷は溶け、多くの土壌の露出が確認される。
また、道中にはクラウドシップの挨拶もあったようである。

n-008


ryou9909 at 21:33|PermalinkComments(0)

May 01, 2017

人間製UFO

ドイツのナチスの時代、UFOや古代の遺跡にはヒットラーが大変興味を示した。
ナチスの結成には大きく日本という国が絡んでいるのだが、、、

この組織の根底は今で云うオカルトであり、その中枢は「ヴリル協会」という秘密結社だという。

UFO-001


ナチスのUFO技術はアルデバランとの交信により得れれたものだと云われる。

UFO-000


ヴリル協会に於いて、五人の巫女、その中でもマリヤオルシックというシャーマンの通信により、得られたものが大きという。

UFO-002


ドイツと日本は共同でUFOの開発を行い、反重力装置では早坂博士が第一人者であり、
「ペーパークリップ作戦」により、ヒトラーはもとより、多くの技術者がアメリカに渡った。

現在のNASAの礎はこの当時の人達であり、特に「反重力学の祖」は早坂博士だと云われる。

初期のアメリカのUFOは日独によりアルデバランの技術により開発されたもので、
その後オリオンに移行したものだという。この証言は早坂博士によるものである。

この映像は実践にテスト導入されたTR-3だという。



この現象はプラズマであろう、、、。




今のアメリカのUFOはブラックマンタと呼ばれるもので、プラズマ動力と思われる。

UFO-005  (2)


この様な技術は多くのカモフラージュがあるが、そろそろ世に出す時期ではないかと、、、。
すでに多くの情報がネット上に転がっているので、隠しきれるものでは無い。

本来、人類の平和利用と精神性の向上の為に技術の開放が行われたのである。
しかし、不運にも邪悪な者達が乗っ取ってしまったのが真相であろう、、、。

UFO-005  (1)


また、多くの宇宙人種族が地球に来ている今、戦闘の優位性にこの様な技術を使うものでは無いと思うのだが、、、。

蛇足になるが、
私も、約30年前、東京タワー横にあるフリーメーソン支部の近くにある学会ビルで、未来の車なるものの発表を行った。
タイヤは無く、反重力により浮遊するものである、方向の転換は思考により操作される。

しかし、動力源は未定であった。今なら、即プラズマと回答が出来るかもしれない、、、。
今思うと、まさしくUFOの原型であろう、、、。



ryou9909 at 19:17|PermalinkComments(0)

April 29, 2017

台湾のUFO

最近、世界各地でUFOの目撃が頻繁になってきた。
台湾でもマスコミにそれらしきものが発表されている。

また、台湾でのUFO観測も活発になって来ているようである。

http://www.chinatimes.com/realtimenews/20170410005756-260405

数年前、北京で2時間にも及ぶUFOとの遭遇を経験し、
本を出版して一躍有名になったLさんの息子が、
日月漂では音もなく水面を出入りするUFOを多くの人が目撃しているという。

海底の地下都市に通ずる連絡路でも在るのではないかと思ってしまう。
湖は台湾中部の山岳地帯に続くところにあり、この山岳近辺でも目撃多い。

台湾の場合は2012年の新年恒例である101の花火のときに多くの人が目撃している。
この真相は定かでは無いが、多くの人がUFOの存在の有無に興味を持ったのは間違いないだろう、、、。



この年には日本の311が起き、日本上空にも多くのUFOが現れたという。

13413597_240753369650353_1441449398944931871_n


台湾に現れるUFOは昼間は雲形が多く、その形状も二種類あるという。
葉巻型のクラウドシップ。もう一つはレンズ型のクラウドシップである。

シリウス船やプレデアス船だと云われる。

また、台北など飛行機が多い場所では、航空機に擬体して現れている。

https://www.facebook.com/452367304879301/videos/1009733942475965/


私の友人は台湾の空軍戦闘機乗りで、飛行中にもUFOに遭遇したという。
殆ど、公然の秘密だそうだ、、、。

CIAもXファイルを公開しているし、NAVYも準備しているらしいから、

cia-xfiles-ufos-1078x515

http://www.theeventchronicle.com/editors-pick/take-a-peek-at-our-x-files-cia-releases-their-top-10-declassified-ufo-files/#

この辺のは、ナチスが作った人間性のUFOが多いような気がするが、、、。

http://www.ancient-code.com/official-navy-images-of-ufo-encounter-in-the-arctic/

NAVYのものは地底人のものかと、、、。

この様な現象はすでに常識になりつつあるかと思うが、、、。
また、ロシア、中国、メキシコ、チリなど各国の政府も認めつつあるようだ、、、。



この様なデスクロージャーは始まっており、完全デスクロージャーはすぐ間近の様な気がするのだが、、、、、。
http://www.disclosureproject.org/




ryou9909 at 19:54|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • 神社の狛犬
  • ハイパーサーミア(癌の温熱療法)の日本の方法
  • 癌治療における選択肢の温熱療法(ハイパーサーミア)
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密
  • 南極大陸の秘密